送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

和歌山市橋向丁より交通事故のケガで30代女性のお客様が来院されました | 和歌山市で交通事故・むち打ち施術が評判の和歌山さくら整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > お客さんの声,交通事故 > 和歌山市橋向丁より交通事故のケガで30代女性のお客様が来院されました

和歌山市橋向丁より交通事故のケガで30代女性のお客様が来院されました

2017.04.13 | Category: お客さんの声,交通事故

こんにちは  

 

産後骨盤姿勢矯正、交通事故施術専門院和歌山さくら整骨院です

 

先日、和歌山市橋向丁より交通事故のケガで30代女性のお客様が来院されました

 

交通事故の状況を聞いてみると

 

自動車で走行中に後方から自動車に追突されたとのことでした。

 

小さいお子様も同乗していましたが、お子様にはケガは無かったそうです。

 

交通事故は自分が注意して運転していても起きるものです。

 

事故が起きると被害者でも加害者でもパニックになってしまい

 

どうしたらいいのかわからなくなってしまいます。

 

事前にどのような行動をとればよいかわかっていれば

 

落ち着いて行動できると思いますので準備をしておきましょう!

 

もし加害者になってしまっても焦らずまず、相手にケガがないか確認しましょう。

 

もし、ケガをしていれば救急車を迷わず呼びましょう!

 

何もなければいいですが初期の対応が悪くてむちうちなどの後遺症を残してしまうと大変です。

 

次に警察に連絡します。軽微な事故でも必ず連絡して下さい。

 

後々、トラブルにならないようにしましょう。

 

警察に連絡していれば怪我の施術や自動車などの修理も保険を使って行えます。

 

自損事故などでガードレールに当たったり駐車場で縁石に乗り上げたりした際も

 

ちゃんと警察に連絡して事故の証明をもらいましょう。

 

次は自分の体のことを考えましょう。

 

事故の際には、興奮状態になるので痛みを感じにくくなっているので

 

念のため、病院で精密検査をして後に痛みが出ないようにしましょう!

 

東松江駅から徒歩10分和歌山さくら整骨院