送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

顎関節症 | 和歌山市で交通事故・むち打ち施術が評判の和歌山さくら整骨院

お問い合わせはこちら

顎関節症

顎関節症を治すなら和歌山市の和歌山さくら整骨院まで

顎関節症の症状

現在下記のような症状が出ていれば、顎関節症の疑いがあります。
自己判断はせず、早めに和歌山市の和歌山さくら整骨院までご来院ください。

・顎が痛い
・顎関節の音がする
・口が開かなくなってしまった
・飲食する時に痛みや異常を感じる
・口が左右にうまく動かせない
・口が開けにくい、開けようとすると顎が外れる
・食事の時顎がだるい
・噛みしめようとすると顎関節が痛くなる

上記のような場合、顎関節症の可能性があります。
顎関節症特有の症状の中には、カックン、コッキンという独特な音がするものもあります。

顎関節症の時は、食事するのにもストレスが伴い、特に硬いものを食べるのが厳しくなります。無理に大きな口を開けようとすると激痛が走ることもあります。

人によって症状は広範囲で幅広く、個人差があります。

軽い症状の人もいれば、重度に及ぶ症状に悩むお客さんもいます。
和歌山市の和歌山さくら整骨院でも顎関節症の施術を担当することができます。

適切に施術することによって、日常生活に支障のないレベルへと改善することが可能なので、我慢せずに早めにご相談ください。

顎関節症の原因

顎関節症になってしまう原因は様々です。
上下の歯の噛み合わせがズレていることによっても生じます。

また、身体的な原因ばかりではなく精神的ストレスも影響してくる症状です。
極度の緊張を感じていると歯を食いしばる・歯ぎしりするなどで顎関節にも大きな負担が加わります。これを繰り返すうちに噛み合わせがアンバランスになってしまい、顎関節症へと発展してしまいます。

顎関節症が深刻な状態だと、放置していると完全に顎の機能が破壊されてしまう事も稀にあります。顎関節症に気付いたなら、お早めに施術を受けることをおすすめします。

顎関節症を改善するには?

和歌山さくら整骨院では、筋肉の緊張をとるための施術をおこないます。

比較的軽度の顎関節症であれば、和歌山さくら整骨院の施術だけでも改善に向かっていくことも多いです。

生活習慣においても、顎の使い過ぎを避けるように意識するだけでも違ってきます。

尚、歯科医院に行けば口腔外科として扱ってくれ、状況によっては専用のマウスピースを作ってくれます。歯ぎしりや食いしばりの癖が強い人は、歯医者さんに行って治してもらうという選択肢もあります。

また、上下の噛み合わせを合致させることによって顎関節症が和らぐこともあるので、噛み合わせが心配な方も歯医者さんで改善できることがあります。

顎関節症になっている時は、できる限り大きな口を開けないようにしましょう。

また、おかゆやパスタなど、一生懸命噛む必要がない食べ物を選ぶようにします。
歯ぎしりや食いしばりの癖がある人は、精神的ストレスを緩和できるような環境を整えることも大事です。

痛みがあって口がスムーズに開けにくくなったら、すぐに和歌山さくら整骨院までご相談ください。

院長から一言

こんにちは。数多くある治療院のホームページの中から、当院のページをご覧いただきありがとうございます!

顎関節症の痛みが続いていると、ストレスにもなります。

和歌山さくら整骨院ではその場しのぎの施術は一切しません。
痛みの根本的な原因を見つけて、根本的な施術をします。
顎関節症以外にも様々な症状に対応できるので、ぜひお気軽にご来院ください。